交通事故障害
レーザ治療
スポーツ外傷・障害
オーダーメイドはり灸治療
リーブはり灸整骨院facebookページ
案外おちゃめなはり灸整骨院のブログ
診療時間 診療時間のご案内
携帯サイトのご案内

スポーツ外傷・障害

スポーツ障害

治療風景イメージ画像

リーブが得意とする治療のひとつに、スポーツ外傷・障害の治療があります。

スポーツ障害において強く感じることは、各競技種目に見合った対応・治療が必要であるということです。たとえば、同じ肩の障害でも、種目によって、その競技に適した対応や、ますますの繊細さが要求されます。競技の特性を知り、適切な治療を行うことがもっとも重要であり、それが復帰へ早道であると考えます。

自らもあらゆるスポーツに精通した院長が、復帰に向けてしっかりサポートし、選手の活躍を応援します。


スポーツ傷害の主な種類

頸椎捻挫、バーナー症候群
肩関節腱板炎(インピンジメント症候群)、野球肩、肩関節脱臼
肘・手首・指 テニス肘、野球肘(内側型・外側型)、マレット指
筋筋膜性腰痛症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎分離症
股関節周囲 鼠径周辺部痛症候群、梨状筋症候群
大腿・下腿部 肉離れ、シンスプリント
ジャンパー膝(膝蓋腱炎)、オスグット症、ランナー膝(腸脛靭帯炎)、膝蓋骨(亜)脱臼
足関節捻挫、アキレス腱炎、足底筋膜炎、フットボーラーズアンクル

スポーツ障害の治療法

1・急性期の治療

硬部組織(筋肉・靭帯等)の損傷において、まず、痛みや腫脹を軽減し治療の安定を図るための最良の方法は、RICEだと考えます。

R・・・Rest(局所の安静)
I・・・Ice(冷却)
C・・・Conpression(圧迫)
E・・・Elevation(高挙)

また、重度の損傷においては、ギプス固定などを行いますが、関節拘縮や筋萎縮を起こさない程度の短期固定をする時があります。

2・リコンディショニング

1)関節可動域(ROM)を回復させること
フォームの獲得、武道における型の体得など、良いパフォーマンスをするためには、ROMの回復が前提となります。よって、可動域の大きな制限因子である、痛み、硬結(拘縮)などの処理が重要となります。

2)心肺機能を回復させること
エアロバイクなどを使い心肺機能を回復させます。

3)筋力を回復させること
チューブトレーニングなどが有効です。

4)バランス感覚を回復させること
筋肉と神経の協調性を回復させるためには、バランストレーニングなどが有効です。

3・アフターケア

アフターケアにはアイシングがとても有効です。

練習前に痛みがある時は、アイシングによる鎮痛効果を利用しながら、ウォーミングアップのストレッチを行うと痛みの予防になります。

練習後は、激しく体を動かしたために筋肉の温度が上昇して適温を超えてしまいます。そこで、アイシングにより筋肉を適温に戻し、低周波治療器などを併用したケアを行うと、疲労や痛みが軽減できます。

ページのトップに戻る